MENU
PC

開業スタイル

医院を開業するにはいくつかのスタイルがあります。親から医院を継承する場合、すべて0から開業する場合、また、土地や建物を購入するのか、賃貸なのか等、様々なご要望を伺いつつ開業する事になります。どのようなスタイルを選択するかで、事業計画や資金計画が違ってきますので、ご自身にあったスタイルを選択する事が必要です。

新規開業

自己資金の金額や融資の金額にある程度左右されるとはいえ、自分が考えている診療を実現しやすいのが新規開業になります。すでに開業されている近隣の競合医院への対策を練った上で開業する事ができ、施設や機器の新しさも武器になるでしょう。

新規開業スキーム図

新規開業のメリット

  • 自分の診療方針で開業する事ができる
  • 自由に開業地、設計事務所、
    建築会社を選択できる
  • 好みに合った内装やデザインを選べ、
    新しい医療機器等を設置できる
  • 相性の合うスタッフを雇う事ができる

新規開業のデメリット

  • すべて0からなので、投資費用が多くかかる
  • 知名度がないので、地域や患者への認知に
    時間がかかる
  • 開業地選びや、設計、工事など、自分で行うことが多いので、開業までに時間がかかる
  • 地域の医療機関との関係作りを1からしないと
    いけない

新規開業モデルケース

  • A 新規開業   … ビルテナント賃料
  • B 継承開業   … 継承賃貸
  • C モール型開業 … 建貸賃貸

■事業計画

A B C
敷金 6,000 4,000 5,000
内装・外構工 25,000 5,000 10,000
設計・管理費 1,500 0 2,000
その他経費 5,000 2,000 5,000
医療器械 15,000 5,000 15,000
院内備品 3,000 1,000 3,000
開業時支出金 55,500 17,000 40,000
運転資金 10,000 10,000 10,000
総投資額 65,500 27,000 50,000

(単位:千円)

■損益収支

A B C
収入区分 40,000 40,000 40,000
・保険分収入 40,000 40,000 40,000
・保険外収入      
医業収入合計 40,000 40,000 40,000
医業原価 8,000 8,000 8,000
人件費 10,000 12,000 10,000
減価償却費 3,000 2,000
経費計 11,000 9,800 11,000
・地代家賃・賃料 6,000 4,800 6,000
・諸経費 2,800 2,800 2,800
・リース代
・委託費 1,200 1,200 1,200
・その他経費 1,000 1,000 1,000
支払利息 1,000 500 1,000
医業損益 5,800 8,700 7,000
借入金返済 5,000 2,000 5,000

(単位:千円)

上記の表は概算金額として記入しており、
目安の資料です。

開業1年目におけるモデルケースで、運転資金等を考慮しておりません。

状況により金額は変更しますので、
ご了承ください。

想定クリニック:内科(50坪)

開業の流れ

開業に必要な事項やスケジュールのイメージをつかむ事が出来ます。

安定した医院経営に導く為のノウハウをご提供いたします。

メディカルシティ不動産の開業支援実績

創業20年になるメディカルシティ不動産の開業支援実績をご覧ください。新規開業・継承開業・モール型開業と様々なスタイルで実績があります。

メールでのお問い合わせはこちら

24時間メールフォームにてお問い合わせを受け付けています。お電話でのお問い合わせをご希望の方は、092-474-7715までご連絡ください。

ページ上部へ