MENU
PC

開業スタイル

在宅医療開業

メディカルシティ不動産は在宅医療を中心としたクリニック開業を希望される先生方を支援します

メディカルシティ不動産ならではの手厚いサポートがあるからドクターの希望に応じた開業支援をいたします。メディカルシティ不動産ができる在宅医療支援。

在宅医療開業支援コンサルティング

福岡都市圏における医院の新規開業は増加していますが、診療所の医師1人あたりの患者数は減少傾向にあり、厳しい経営が予想されます。そこで国の施策に沿った在宅医療を当社は支援致します。メディカルシティ不動産は福岡都市圏における開業実績とコンサルティングのノウハウをともに、他社と違った在宅医療を行う先生方に寄り添えるコンサルタントを目指しています。

  01. 経営理念等の確認
開業に至る経緯や在宅医療(訪問診療)に対するお考えをお聞かせください。メディカルシティ不動産のご支援内容が先生のご開業のパートナーに成るのかご判断ください。
  02. 物件選定
在宅医療を中心とした開業は物件の選定が難しいとは考えておりません。エリアをどこにするのか、16kmルールの規制の範囲内か、駐車場の確保は容易か等を目安に物件情報を提供致します。
  03. 事業計画の立案
経営理念に基づき必要な医療機器、スタッフ構成、設備投資を考慮し、資金計画・事業計画の提案を致します。
  04. 物件交渉
メディカルシティ不動産のネットワークを中心に物件の紹介は可能です。用地やテナント物件のご案内や調査を行い、物件の購入や賃貸にかかる交渉・手続きをサポート致します。
  05. 資金調達
想定患者数、診療単価、投資金額、賃料や人件費等を基にキャッシュフローをご提案致します。その計画を沿った資金の調達方法をご検討ください。銀行やリース会社等必要に応じてご紹介や検討のアドバイスを行います。
  06. 設計・施工
経営理念に基づいたクリニックの開業に向けて、新築や内装工事、リフォーム工事が必要な場合には設計や施工会社のご紹介を致します。コストや機能を考えた場合には経験や実績が必要と考えています。
  07. 企業選定
限られた開業準備期間の中で効率良く選択頂く為に、先生のご希望に合わせて医療器械会社や医薬品卸会社、広告代理店等のご紹介、選定のお手伝いを致します。
  08. スタッフ募集・採用
在宅医療を中心とした開業では多くのスタッフを雇用していません。患者数の増加に合わせて増員が理想的です。社会保険労務士と一緒に就業規則等を作成し、募集・面接・採用・研修等人に関する問題もサポート致します。
  09. 広報・広告
クリニックのロゴマークや名称、ホームページ制作、パンフレットやリーフレットの印刷物、屋外広告やサイン工事等クリニックのPRや広告に関する事項のアドバイスとサポートを行います。
  10. 開業申請手続き
保健所や九州厚生局等の行政に対する事前相談、必要書類の作成支援、届出代行等行います。

開院

  開業後もサポート
開業後も、理念達成に向けて増患についてのアイデアやセミナー開催など継続して経営サポートいたします。

メディカルシティ不動産だからできる開業支援

地域完結型医療と在宅開業医
メディカルシティ不動産のサービス

地域完結型医療と在宅開業医「メディカルシティ不動産のサービス」

① 他院の開業医との連携
当社が開業のお手伝いをした医療機関・お取引のある医療機関への紹介を行います。
② 調剤薬局との連携(福岡都市圏約70店)
タカラ薬局及び支援薬局との連携を行い、スマホ処方箋や薬剤宅配サービスなどをご紹介致します。
③ 病院や介護施設との連携
取引先の病院や介護施設との連携の支援を行います。

メールでのお問い合わせはこちら

24時間メールフォームにてお問い合わせを受け付けています。お電話でのお問い合わせをご希望の方は、092-474-7715までご連絡ください。

ドクターのお悩み、解消します!開業前の主なご相談内容

開業したいと思っていても、何をしてよいのかわからない、何から始めたらいいのかわからない、資金は?物件は?設備は?人材は?長く経営を続けられるのか等、心配事はたくさんございます。そんな開院前によくいただくご質問にお答えします。

Q
どこのエリアを選定すれば良いか分からない
A
ご面談とヒアリングを通じてヒントを探します。その上でドクターのご要望に合うエリアを選定致します。診療圏調査や介護圏調査を行い、総人口や高齢者数、患者予想数を出して在宅医療に適したエリアを検討頂きます。
Q
どのような物件がいいか分からない
A
16kmルールの広域をカバーできるエリアと駐車場の確保が出来る物件をお薦め致します。また、初期投資が抑えられていてコストの掛からない物件を選定するのが良いのではないでしょうか?
Q
どのような医療機器や備品が必要かわからない
A
在宅医療をする上で先ず最低限必要な物品があれば良いのではないでしょうか。医療機器や備品の購入においては事業計画を加味しながらアドバイスさせて頂きます。
Q
事業計画の策定と採算が合うのか不安です
A
事業計画は物件選定後、基本計画案をご説明致します。1年目のキャッシュフローは厳しくなりますが、運転資金を含めた資金計画を作成し、融資が必要な場合にもアドバイスを致します。
Q
開業に必要な手続きがわからない
A
開業後、開業届を保健所に提出します。その後保険医療機関の申請を九州厚生局に提出します。期日や必要書類のアドバイス、その他届出等もサポート致します。
Q
必要なスタッフが集まるかどのような人を採用したら良いかわからない
A
求人募集はハローワークを始め、求人チラシ、職業紹介会社に依頼します。開業時期によって応募者数は変化します。社会保険労務士のご紹介と共に、募集・面接・採用・研修等必要に応じた支援を致します。

開業はゴールではなくスタートです。しかし準備が大変… 忙しい先生に代わって面倒な書類や業者交渉などはメディカルシティ不動産にお任せください!!

メールでのお問い合わせはこちら

24時間メールフォームにてお問い合わせを受け付けています。お電話でのお問い合わせをご希望の方は、092-474-7715までご連絡ください。

在宅開業するには?開業後もずっとサポート

先生が診療に専念できるよう、開業後も継続的にサポートを行っています!

開業支援事例(あゆ在宅クリニック)

相談

2015年7月
メールでメディカルシティ不動産へお問い合わせ
2015年8月
本社事務所で面談 在宅開業をご検討
2016年8月
在宅開業をご要望のため、医療法人ゆうの森
たんぽぽクリニック (松山市)へ見学
2016年9月

メディカルシティ不動産主催の
「在宅開業セミナー」に参加

在宅開業セミナーのチラシ

2016年10月
九州在宅医療推進フォーラム(大分市)に参加

数回の面談の中で患者の確保及び経営の厳しさをお伝えしましたが、先生の在宅開業ので意向がとても強く、開業へ向け動いていきます。

準備

開業地の選定 → 紹介 → 案内 → 決定 → 賃貸借契約

2017年1月〜2月

開業地の選定

福岡都市圏において在宅患者ニーズのあるエリア

  • 自宅より通勤(夜間対応も含めて)に支障のないエリア
  • 勤務していた病院又は連携医療機関に近いエリア

以上の条件を中心に物件を探して行きました。

事業計画の作成

  • 医療機器、レセコン、電子カルテの選定及び見積を取る
  • 内装工事、事務用品、備品の見積を取る
  • 金融機関に融資の相談を行う
  • クリニック名称、ホームページ及び看板等の検討をする
  • 在宅診療用の車の選定、見積を取る
  • クリニックスタッフの雇用を検討する

どの程度まで費用を抑えることができるか、医業収入の根拠をどのように説明をつけて考えるかが事業計画のポイントでした。

2017年3月~4月

開業物件の決定

開業物件の紹介 → 物件の案内 → 不動産の交渉を経て、賃貸借契約の締結。

在宅で開業を決めた後、在宅の場合患者さんがどの地域にいるのかが見えず開業地をどこにするのかに悩みましたがメディカルシティ不動産さんからエリアの選定方法について詳しく説明してもらえ安心してきめることができました。

金融機関の融資決定

地元金融機関二行に相談したところ、一行の内諾が早く運転資金を含めた借入を決定する。事業計画書

資金の心配がありましたが、銀行との交渉や費用がかさむ電子カルテの選定車の用意など、メディカルシティ不動産さんのアドバイスがあり、最小限の準備にてすすめることができました。

スタッフの雇用

奥様が看護師の資格をお持ちの為、医療事務と兼務をすることで新たなスタッフの雇用は行わなかった。

内装工事と看板の設置

クリニックの居抜物件を利用した為、必要最低限のリフォームと看板の設置を行う。

開業前

営業活動のサポート

  • 近隣医療機関の挨拶周りに同行し、開業の認知活動のお手伝い
  • 開業支援先医療機関への紹介を行う
  • 有料老人ホーム及び介護施設への挨拶周りの同行をする
  • 公民館等でのセミナー開催を支援する
書類関連のサポート
  • 保健所への開設届、各種届出
  • 九州厚生局への保険医療機関の届出
  • 保健所の立入検査における必要事項のアドバイス

届け出などの書類作成などは今までの病院勤務などでは全く知識がなく何からはじめていいかさっぱりわからない状態で不安でしたが、メディカルシティ不動産さんがほとんどを代行してくれたので本当に助かりました。

開業後

  • 調剤薬局との連携を行う
  • 介護関連施設への訪問に同行する
  • ケアマネジャー、訪問看護ステーションの紹介を行う

在宅開業したことを多くの人に知ってもらえるようにと施設の方を呼ぶ勉強会を開催するよう準備をしていただきました。そのご縁もあり施設への訪問診療なども行っています。

2017年5月 あゆ在宅クリニック開業

あゆ在宅クリニックの写真

診療科目

内科

<得意な治療>

  • がん緩和治療(医療用麻薬使用、持続皮下注射等)
  • 気管切開(人工呼吸器)
  • 呼吸不全(在宅酸素療法)
  • 胃瘻のある患者(胃瘻交換含む)
  • 中心静脈栄養
  • 腎瘻、膀胱瘻
  • 褥瘡

あゆ在宅クリニックは、呼吸器外科専門医としての知識と技術で、在宅酸素療法を行っておられる患者さん、気管切開により気管カニューレを装着されている患者さんのサポートも致します。 胃瘻、腎瘻、褥瘡の治療、怪我の治療、縫合処置なども可能な限りご自宅で行います。 「緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会」を修了し指導者としても活動してまいりました。その経験を生かし、がん患者さんの様々な苦痛(身体の痛み、心の痛み、体のだるさ、呼吸困難感など)に対応します。患者さんを囲む方々へも十分な配慮を忘れず、共に悩み、共に闘います。 また、ご自宅で(施設で)最期の時を過ごしたい、そして眠るように最期の瞬間を迎えたい、考えられている患者さんの援助を致します。ご家族の援助も致します。

院長プロフィール

吉村院長の写真

<所属学会・専門医等>

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本呼吸器外科学会 専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会
  • 気管支鏡 専門医・指導医
  • 日本胸部外科学会 所属
  • 日本肺癌学会 所属
  • 日本緩和医療学会 所属

<勤務歴>

  • 九州大学医学部付属病院 第二外科
  • 広島赤十字・原爆病院 外科
  • 栄光病院 外科
  • 松山赤十字病院 呼吸器外科(緩和ケアチーム)
  • 九州がんセンター 呼吸器科(緩和ケアチーム)

在宅医療 吉村先生のとある1日

  9:00~
診療所で事務処理作業訪問先患者さんへの処方箋用意等
  11:00~

<施設入居者へ訪問診療2名>
バイタルチェック、処方についての説明や現状の問診

  12:00~

<自宅への訪問診療>
問診・インフルエンザ予防接種ご家族への説明や介護問題のヒアリング・ケア

  13:30~

<訪問診療>
症状をお伺いし、処置方法についての説明

  15:00~
診療所へ戻ってカルテ入力など事務処理作業

患者さんのご意向に合わせてスケジュールを組むので朝直行で訪問になることなどもありますし、オンコール対応でイレギュラーに動くこともあります。

メールでのお問い合わせはこちら

24時間メールフォームにてお問い合わせを受け付けています。お電話でのお問い合わせをご希望の方は、092-474-7715までご連絡ください。

在宅医療向き物件情報をご紹介

訪問診療の範囲には半径16km以内という制限があります。16kmとなるとルートや時間帯によっては移動に半日かかることもあります。どこのエリアを中心にクリニックを開設するか、物件選びは独自のノウハウを生かし、事業計画とのバランスでドクターの負担を少しでも軽減できるよう検討します。

姪浜駅前(旧薬局跡)

  • 福岡市西区姪浜駅南1丁目
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造13階建
  • 1階 12.55坪
  • 敷金・賃料 相談
  • 現況 空き(エアコン、トイレ、流し台付)

地下鉄姪浜駅(北口)の正面にあるビルの1階です。調剤薬局として利用していたテナント物件ですが待合室や受付カウンターが残っており在宅クリニックとして利用が可能な物件です。室内の設備としては、天井埋込エアコン、トイレ、流し台の使用も可能です。駐車場は駅前立地のため専用駐車場はございません。近隣コインパーキングをご利用下さい。周辺には内科、皮膚科、泌尿器科等多くの医療機関がございます。

拾六町

  • 福岡市西区拾六町3丁目
  • 鉄骨造4階建 
  • 1階 約16坪
  • 敷金・賃料 相談
  • 現況 書庫・倉庫(エアコン、トイレ付)
  • 備考 駐車場は要相談

賃貸マンションの1階にあるテナント物件です。現状は会社の書庫・倉庫として利用していますが、室内にはエアコン、トイレが設置しています。駐車場は敷地内(1台分)を相談致します。福岡市西南部や糸島市エリアを想定した範囲の活動には最適です。周辺には小児科、調剤薬局がございます。

メールでのお問い合わせはこちら

24時間メールフォームにてお問い合わせを受け付けています。お電話でのお問い合わせをご希望の方は、092-474-7715までご連絡ください。

ページ上部へ